金利の低いキャッシングに借り換えて返済額を減らす

キャッシングの金利は業者によって違いがあります。傾向としては、消費者金融系が比較的高く、銀行系のカードローンは低いといえます。金利は返済総額に大きな影響を与える重要な要素ですから、利息をどのくらい支払っているのか把握するのは、キャッシングをしている人には必須です。
特に借入金額が多い人の場合には、銀行系に借り換えますと、かなりの額の支払利息を節約できます。インターネットが普及している今では、店舗を訪れることなくネットで申し込むこともできますし、審査も電話での確認で済みます。
例えば、住信SBIのカードローンですと、金利は年率1パーセント台からです。もし、年率10パーセント以上の利息を支払っているのでしたら、1桁になるだけでも支払利息を大幅に減らすことができます。
試しに利息を具体的に計算してみますと、年率15パーセントで200万円借りますと、年に支払う利息は30万円になります。もし、同じ金額を年率5パーセントで借りたとしますと10万円で済みます。この差は月に2万円弱ですから、見過ごせない金額ではないでしょうか。これが借り換えをおすすめする大きな理由です。
そして、複数の業者から借り入れている場合には、毎月の返済も面倒でしょう。これを1つにまとめられれば返済額を減らせるとともに返済手続きも簡素化できます。
住信SBIの申し込みは簡単にできて、審査も迅速ですから、メリットの多いここでの借入れを利用してみたらいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です